白髪の対策と予防【ランキング商品を確認しておこう】

仕組みを知ること

成分を知る

婦人

シミができるのを防ぐ、あるいは出来てしまったシミを消すための対策として美白化粧品の使用がひとつの有効な方法です。
ただ、どのような種類のシミであるかということを先に知ることが大事です。
シミができるひとつの原因は紫外線です。
紫外線が肌に当たるとメラニン色素が生成されます。
本来であれば、肌のターンオーバーが正常に行われて生成されたメラニン色素についても肌からはがれていきます。
しかしながら不規則な生活習慣や肌のターンオーバーの間隔以上にメラニン色素が生成された場合には体内にメラニン色素が残り、それがシミとなります。
その対策として化粧品の利用が挙げられます。
美白化粧品はどのような働きをするのかというと、このメラニン色素の生成を阻害します。
メラニンを生成する細胞をメラノサイトと言いますが、化粧品に含まれている成分がメラノサイトを活性化させることを防ぎます。
その成分としてはトラネキサム酸やカモミラETが挙げられます。
シミ対策の化粧品を選ぶときにはこれらの成分が含まれているかを確認することがポイントです。
また、メラミン色素の生成に関してチロシナーゼという物質が大きく関係しています。
チロシナーゼの活性化を抑える成分が含まれているかということもポイントです。
成分としてはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが挙げられます。
シミ対策の化粧品で人気のものはこのハイドロキノンなどが規定された分量ぎりぎりまで配合されている商品となっています。
また、ビタミンC誘導体は肌荒れを改善するなど他にもメリットがあります。

継続して使用すること

レディ

シミの対策はできてから行うのではなく、事前の予防が大事です。
シミは皮膚に紫外線が当たることで発生します。
そのため、紫外線の強くなる季節にはあらかじめ対策を立てておく必要があります。
対策のひとつとして化粧水の利用が挙げられます。
選ぶときのポイントとしては、薬用と表記されていることです。
薬用と表記されていると、肌に対して効果が期待できる成分が含まれており、シミ対策にのみならず、ニキビなど他の肌のトラブルに対しても予防することができます。
その中でもビタミンC誘導体が重要な成分と言えます。
肌の機能を維持するためにはビタミンCが欠かせない成分ですが、肌から吸収されにくいという特徴がありました。
それを改善して肌からでも浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。
シミの原因であるメラニンの生成を抑制する効果があります。
また、肌に対して透明感を与えるなどさまざまな効果が期待できます。
ただ、ビタミンC誘導体は、シミができることを防ぐことができる一方で、すでにできているシミに対しては効果を期待できません。
その事からも、予防に特化していると言えます。
さまざまな肌のトラブルに対して効果が期待できることから、年間を通じて使用することが効果を高める方法であると言えます。
化粧水を選ぶときには、ビタミンC誘導体の浸透率が高いものが良いと言えます。
ビタミンC誘導体にも種類があり、水溶性と油溶性があります。
両方の特徴を持っているものが浸透率が高く効果を期待できます。

スキンケアや生活の注意点

女性

シミはできてしまってから対策をしても遅いので、普段からシミができないように対策を心がけることが大切です。
シミができる原因のほとんどが、太陽が発する紫外線です。
紫外線を浴びるとメラニン色素が発生し、それが茶色いシミになって肌に現れます。
また、肌老化の8割以上が紫外線ダメージとも言われていて、しわやたるみにも繋がります。
したがって、シミや肌老化を予防したいなら、毎日紫外線対策をすることが大切です。
日焼け止めは、シーンに応じて使い分けると肌への負担が少なくなります。
日常生活程度であれば、SPF10〜20程度の日焼け止めでも十分です。
海水浴やプールなど、強い日差しを浴びるところに行く場合は、SPF30〜50の日焼け止めがお勧めです。
屋外で強い日光を浴びると、肌が乾燥します。
一日の終わりには、化粧水で保湿をして肌に水分を与えるようにすると、乾燥対策になります。
ヒアルロン酸やコラーゲンは、保湿効果が高いスキンケア成分です。
シートパックを5分程度すれば、手でつけるよりもじっくりと浸透します。
メラニン色素ができても、ターンオーバーが正常なら古い角質と一緒に排出されます。
しかし、加齢でターンオーバーが乱れると、シミになって残ってしまいます。
睡眠をたっぷりとることや、ストレスをためないことは、ターンオーバーを整えるために大事なことです。
また、半身浴をして血行を良くすれば、ターンオーバーが整ってシミが排出されやすい体質になります。